30日・31日がある月の覚え方、閏(うるう)年の覚え方

今月って、30日だったかな?とか、4月って31日?まであったかな?とか、仕事上で必要になる時ってありますよね。

そんな時に便利なので、覚えておくと重宝します。


語呂を使った覚え方

西向く侍(にしむくさむらい)

2(に)・4(し)・6(む)・9(く)・11(さむらい)

→ 2月・4月・6月・9月・11月(31日ではない月)

  ・2月 = 28日又は29日(うるう年)

  ・11月 = 士 → 「十」+「一」 なので、11(さむらい)。


<1月~12月までの日数一覧>

1月 - 31日

2月 - 30日 → に(28日又は29日(うるう年))

3月 - 31日

4月 - 30日 → し

5月 - 31日

6月 - 30日 → む

7月 - 31日

8月 - 31日

9月 - 30日 → く

10月 - 31日

11月 - 30日 → さむらい

12月 - 31日


閏年(うるうとし)の覚え方

閏年(うるうとし) = 2月が29日あり = 西暦が4で割り切れる年

※正確には4で割り切れる年ではないけど、それで十分だと思います。

21世紀 - 2100年までの閏年(うるうとし)

2020年、2024年、2028年、2032年、2036年、2040年、2044年、2048年、2052年、2056年、2060年、2064年、2068年、2072年、2076年、2080年、2084年、2088年、2092年、2096


まとめ

覚えているようで、「あれ、どうだったかな?」という内容なので、忘れた時に。

1月~12月までの日数の一覧もあるので、急を要する場合、一覧でどうぞ。

※グーの拳を使った覚え方もありますが、語呂で十分ですので割愛しております。