会計期間、いま何年度?

会社の総務・経理、会計の学問をしている者であれば、表題について、一度は頭の上に??がついたことがあるのではないでしょうか。

何度覚えても、どちらだったか?という人もいると思います。

はい、わたくしでございます。笑

※このカテゴリーは、低スペック頭脳のわたくしの備忘録を兼ねているため、「そんなこと知ってるよ!!」「わざわざ備忘録にする必要あるの?」等々、さまざななご意見があるかと思いますが、ご容赦を!


では、さっそく見ていきましょう!

「年」と「年度」の違いは?

なんとなく分かっているけど・・・という、曖昧な人が多いのではないでしょうか。

整理していきましょう。

年 = 暦日 = Calendar Year

カレンダー通りの1年間。1月1日~12月31日。Calendar Yearの頭文字をとって「CY」と言います。

年度 = 特定の区切られた1年間 = Fiscal Year

特定の目的のために使用される1年間の区切り期間。会計年度、事業年度等のように通常は○○年度という使用の仕方になるかと思います。Fiscal Yearの頭文字をとって「FY」と言います。


会計期間ごとの年度の言い方について(会計年度の表記・名称)

日本の場合、その期の始まりが属する年の暦年(和暦・西暦)。

例えば

令和10年4月1日~令和11年3月31日 = 「令和10年度」(和暦)

西暦2030年4月1日~西暦2031年3月31日 = 「2030年度」(西暦)

ということです。


アメリカの場合、その期の終わりが属する年の暦年。

例えば

西暦2030年10月1日~西暦2031年9月30日 = 「2031年度=(FY2031)」(西暦)

と言います。

※後述しますが、アメリカの会計年度は、10月~翌年9月になります。


わたくしなりの理解としては・・・

自動車を運転するとき、日本の道路は左側通行ですが、アメリカの道路は右側通行ですよね。要するに、深く考えず、ルールで決まってると覚えることが肝要かなと。笑


海外の会計年度は?

日本の会計年度は、4月~翌年3月までですが、諸外国はどうなっているのか?と考えることがあると思います。

ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、ロシア、中国、韓国 - 1月~12月

日本、イギリス、カナダ、インド - 4月~翌年3月

オーストラリア、フィリピン - 7月~翌年6月

アメリカ、タイ、ミャンマー - 10月~翌年9月

各国とも歴史的な背景によって、会計期間やその年度は変化していった経緯があるため、さまざまな会計期間があるようですね


まとめ

「年」「年」「年度の表記」等を見てきました。

日本の場合、年度の表記は、会計期間が始まった年になるということが大事ですね!